特殊浴場

ノーブラ

風俗の王様とも言われる定番の物にソープがあります。
これは浴槽のある部屋で風俗嬢が性的なサービスを行う事を目的としているお店で、お風呂へ入り体を洗ってくれると言う所からスタートする至れり尽くせりな風俗として認識されています。
昔はトルコ風呂と呼ばれていましたが、今ではソープで統一されています。
他にも特殊浴場、個室サウナ、高級サウナと言う名前で呼ばれる事もあります。これは日本で独自に進化した風俗であり、営業形態となっています。

この風俗は元々からトルコにあったサウナ文化を風俗に応用して始められた物で、トルコでのサービスは健全なアカスリやマッサージのみです。
その形式を利用して浴室での性的なサービスやマットを利用したプレイを売りにしたのが元祖ソープであるトルコ風呂です。
しかし、ある時留学生から母国の名前を風俗店の名称として使う事に関して苦情が来た事で、現在のソープ、ソープランドと言う名前に変更、統一されました。
初めてソープが登場したのは1951年ごろであると言われており、東京に開店しました。しかし当時のサービスは女性が服を脱ぐことは無く、性的な行為も厳禁となっている健康的なアカスリやマッサージのサービスでした。
しかし、個室で女性が男性にサービスをすると言う形から、最初に開店した東京以外では性的なサービスを行うお店が増えていきました。
そこからトルコ風呂=風俗と言うイメージが定着したのです。

最初は普通のマッサージとして、そこから今で言う回春マッサージのような形式になり、更には風俗の王様になるまで進化したのがソープランドです。
ここでは個室と言う空間だからこそ発生している問題があります。それが日本の買春禁止法です。
客とソープ嬢が性交渉を行った場合、その当人同士を摘発する事は難しくなっています。被害者なき犯罪とも呼ばれ深刻な問題になりました。当人同士の問題であればそれで終わりですが、もし本番行為と言われる物をしているのが判明した場合、ソープを経営しているお店側が場所提供の罪に問われる事になり、厳しく罰せられます。
その為に、たいていのソープでは風俗嬢にも厳しく本番行為はしないように始動が入る上に、客側にも注意が入ります。
しかし、個室と言う空間ゆえに完全に0にする事は難しく、現在でも取り締まりが続いている風俗業界の問題でもあります。